2024年1月29日

雪原のタンチョウの群れに「灰一点」、「気が強く一目置かれているようだ」...「マナカナ」で人気集める
トモエガモ 飛来最多
「冬の使者」ナベヅル、今年まだ見られず 見学者落胆、原因は不明:朝日新聞デジタル
渡り鳥の北帰行 暖冬の影響で例年よりも早く既に終盤 | khb東日本放送
「あの白いのは何?」研究者が捉えた白いヒドリガモ アルビノか | 毎日新聞
白い羽毛!珍しいカモ! 鈴鹿・加佐登調整池で伊賀の前沢さん撮影:中日新聞Web
人になつきすぎる鳥、アメリカ各地で増加中 遺伝子異常?科学的に解明できる可能性も:朝日新聞GLOBE+
ライチョウ保護の成果と課題 中村浩志・信州大名誉教授 宮田村で報告会|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
コウノトリ 人工巣塔完成
コウノトリ、世羅町でまた産卵を 人工巣塔が完成 昨年のペアを今月中旬から目撃 | 中国新聞デジタル
「人の手を借りなくても生息が維持できるように」中央アルプスで復活のライチョウ 今後は...【長野・宮田村】|テレビ信州NEWS NNN
逃げたコハクチョウ 邑知潟に戻る:北陸中日新聞Web
<ドキ時(ドキ)!サイエンス>(21)生殖から探る鳥の進化:東京新聞 TOKYO Web
<タンチョウ100年・冬>姿を消し再発見 続く地道な保護活動 生息脅かす新たな危機も:北海道新聞デジタル
日本一のツルの渡来地|ツル渡来数日本一
どんな野鳥が生息? 目撃情報募集 国立市、来月18日に一斉調査:東京新聞 TOKYO Web
【早出し】温暖化の影響、解明急ぐ 異変−生態系クライシス〜南極から〜「鳥の巣湾」ペンギン調査(山形新聞) - Yahoo!ニュース
諏訪湖で越冬 コハクチョウ異例の少なさ 「飛来途絶える」危惧 長野県(長野日報) - Yahoo!ニュース
posted by BIRDER.jp at 00:00| 東京 🌁| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月26日

2024年1月25日

絶滅危惧トモエガモ、2千→17万羽 温暖化が原因?特に千葉で急増:朝日新聞デジタル
出雲空港にカモの大群 バードストライク警戒 島根県調査 5万8千羽に急増 | 山陰中央新報デジタル
キヤノン野鳥調査 3年で44種類確認 裾野の研究開発拠点 社員ら自然保護継続に意欲|あなたの静岡新聞
【実話】スピーカーの上に巣作りするツバメ!?「まさに近所にありました」「監視カメラの上にも」など共感コメントが殺到【作者インタビュー】|ウォーカープラス
イヌワシの幼鳥、20年ぶり独り立ち 兵庫北部の氷ノ山周辺 国天然記念物、次代の繁殖に期待
【新映像】クマvsヨタカ "エサ不足"で食に変化か 専門家警鐘 小学校の校庭に足跡も
「農道に夜たたずんでいた...」 フクロウの仲間を探して偶然遭遇 沖縄・読谷村にシロアゴヨタカ | 沖縄タイムス+プラス
長いスプーンで水中捕食 ヘラサギ | 中国新聞デジタル
ミヤコドリ、和白干潟で越冬中 福岡市東区 | 西日本新聞me
佐賀の県鳥カササギ減った? 県は「絶滅の恐れない」と言うけれど... | 西日本新聞me
日本書紀にも登場する「瑞鳥」? さくらで白いスズメ目撃 突然変異か|下野新聞 SOON
イヌワシの幼鳥、20年ぶり独り立ち 兵庫北部の氷ノ山周辺 国天然記念物、次代の繁殖に期待 | 神戸新聞
読谷に「シロアゴヨタカ」 台湾などに分布 国内初確認か - 琉球新報デジタル
posted by BIRDER.jp at 00:00| 東京 🌁| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月23日

2024年1月22日

オジロワシの人工くちばし開発 釧路の猛禽類研究所 自力で餌を食べられるように:北海道新聞デジタル
<シマエナガ旬ごよみ>21 睦月下ノ巻 「眉毛持ち」で冬を迎える子、「本州から」と誤認ケースも:北海道新聞デジタル
過去最多の147羽を確認 国の天然記念物コウノトリの2023年の県内への飛来数【徳島】|JRT NEWS NNN
60年で99%減少のウミガラス 絶滅回避へ、島で続く試行錯誤 | 毎日新聞
21日は3月上旬並みの暖かさ 夜の瓢湖は見渡す限りのハクチョウ
青空・水上 ハクガン飛翔 大潟区朝日池 渡辺さん撮影 - 上越タイムス社
羽毛に星のような・・・帯広川河川敷にホシガラス飛来 市内の玉井さん撮影(十勝毎日新聞)
能登地震の発生直後、野鳥1万1000羽ほぼ一斉に飛び立つ...観察館「驚いたとみられる」
大寒は「シマエナガの日」 寒くなるほどふくらむ雪の妖精 | 毎日新聞
オオハクチョウの鳥インフル相次ぐ 釧根で10例 観察には注意:北海道新聞デジタル
人間に蜂蜜のありか教える鳥、地元の鳥寄せ声を聞き分けると判明
タンチョウファンが狙う"奇跡のコラボ"北海道鶴居村の「マナカナ」が話題 マナヅルとカナダヅルが同時に飛来(HBCニュース北海道) - Yahoo!ニュース
このままだと世界遺産「厳島神社」が大変なことに 推定、数千羽の"黒いギャング" 木も根も全部枯れていく...|FNNプライムオンライン
空を覆いつくす"黒いかたまり" 正体は"鳥の大群" 動体視力が非常に優れ衝突せずに飛行 佐賀・嬉野市|FNNプライムオンライン
過去最多の147羽を確認 国の天然記念物コウノトリの2023年の県内への飛来数【徳島】(JRT四国放送) - Yahoo!ニュース
大陸からの「迷子」か、タンチョウ幼鳥ひらり...京都・与謝野
<生き物ヒトとなり>(92)オシドリ 「おしどり夫婦」の実情は? | まちの話題 | 佐賀新聞ニュース | 佐賀新聞
トキの「子育て」見られるかも? 計11羽を育てたペアを公開・新潟長岡市寺泊の観覧施設「トキみ〜て」 選択式で愛称も募集、2月16日まで | 新潟日報デジタルプラス
posted by BIRDER.jp at 00:00| 東京 🌁| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月20日

2024年1月19日

ツクシガモ、260羽が福岡で越冬中 和白干潟に飛来 2月ごろまで | 毎日新聞
島根県に飛来のガン・カモ2・4倍に増加 宍道湖にトモエガモの大集団 | 中国新聞デジタル
「チッ、チッ」タヒバリ越冬 田んぼ減り飛来数も...和歌山:紀伊民報AGARA|和歌山県のニュースサイト
ハクチョウ次々 東庄・八丁堰
冬鳥ナベヅル3羽飛来 高鍋・小丸川河口周辺
冬の野鳥レストラン開店 かわいい小鳥がひっきりなしに 福井県自然保護センター|FNNプライムオンライン
諏訪湖のカワアイサ減少、追い払いの効果か 県が生息状況調査|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト
タンチョウ1086羽確認、12月では3番目の多さ...生息域の拡大傾向続く
タンチョウの生息状況調査 1086羽で過去3番目の多さ|NHK 北海道のニュース
タンチョウ調査、十勝は過去最多の209羽確認(十勝毎日新聞)
ハクチョウ1700羽避難? 邑知潟、驚き一時去る|社会|石川のニュース|北國新聞
鳥の言葉を証明した世界初の"動物言語学者"が国際的賞を受賞 プロフィール写真に集まっていた"まさかの注目" | 女性自身
風力発電事業者にイヌワシ生息エリアでの建設回避要求へ...岩手県、地図に「レッドゾーン」設定
空を覆う"黒い塊"その正体は鳥の大群 なぜ衝突せず飛べる?秘密は「目」にあった|FNNプライムオンライン
posted by BIRDER.jp at 00:00| 東京 🌁| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする